プロローグ

メイシア歴193年。
新興国レオノール帝国は、隣国ユベールと戦争状態にあった。
半永久的な「魔導力」を生み出す希少鉱石「エレメンタイト」の採掘権から端を発した戦争は、
大国ユベールの圧倒的勝利と見込まれていたものの、帝国の奮闘により泥沼化。
終結の見込みも立たぬまま、両国の内政は次第に疲弊の色を見せ始めていた。
そんなある時、帝国内において「ユニコニアン」と呼ばれる先住民族の少女を
レオノール帝国軍の兵士が殺害するという事件が発生。
帝国建国時に、奴隷と言う身分から解放されたはずのユニコニアンは、
しかし、未だ差別という古い習慣を拭い切れておらず、
頑なに犯人を庇う帝国に対し、ユニコニアンたちの不満が噴出。
やがて発生したデモに対し、帝国軍は武力鎮圧という手段に出る。
この事態に対し、死傷者の拡大を恐れた皇帝の実子「ユーリ」は
皇帝に直訴するものの、皇帝はそれをはねつけ、皇子を軟禁してしまう。
これを知ったユニコニアンの指導者「オズワルド」は、
ついにユニコニアンの真の解放を目指すべく「解放軍」を結成。
レオノール帝国に対し、武力による解放運動の決行を宣言する。

…つまり、レオノール帝国は内乱状態に突入したのである。



※実際のゲーム画面とは異なる場合があります。
商標について
© 2012-2013 KEMCO/MAGITEC
© 2004-2021 KEMCO