世界は、【マテリアル】と呼ばれる
不思議な力によって満たされていた。

【デモニアス】族は、そのマテリアルを体に取り込み、強力な力を発揮することで世界を支配していた。

一方、マテリアルの力を使えなかった【ヒューメリア】族は、世界の片隅に暮らしていた。

だが、マテリアルの源であるマテリアル結晶を
封じ込むことができる【光鉱石】の発見により、
ヒューメリアは未曾有の武器を作り出した。

【マテリアル武器】の誕生である。

マテリアル武器は、無力だったヒューメリアが
世界の支配者であるデモニアスの王を倒す力を与えた。

だが、跡を継いだ若きデモニアス王の出現が
ヒューメリアを絶滅の淵に追い込んでいった。

そのヒューメリアの危機を救ったのが、一人の王国騎士ヤマトと、その従者オウカだった・・・